当社にお手伝いさせて下さい
担保割れ不動産売却いたします
任売任意売却なら取手不動産へ任売

<住宅金融公庫・年金融資・民間銀行・民間ローン会社など>
ローン返済が厳しいがどうしよう・・・・先々ローン返済に懸念がある・・
自宅を売却してローンを処理したいけど残債が売却相場より多くて・・・
不動産相場が下落した現在上記の様な事でお悩みの方はぜひ売買専門の当社まで

任意売却とは

通常住宅ローンを借りている場合でローンの返済が滞りますと金融機関の督促を経て
更に返済が滞りますと「強制競売」へと移行して行きます。「強制競売」とは売主(債務者)
の意向に関係なく債権者(金融機関等)が管轄の裁判所へ競売申請の手続きをして強制的
に売却をする事です。この場合のデメリットとしては「競売物件情報が一般的に広く公開される」
(昨今ではネットでも競売物件情報が自由に閲覧可能)「情報公開される事により様々な競売に興味
のある人間が自宅周辺を調査しに来ます。近所への聞き込みをするケースも多いに可能性があります
上記の状況から近所等へ競売物件になっている事は容易に分かってしまいます。
又、売却価格(落札価格)についても市場価格より著しく低い最低価格からのスタートとなりますので
安く売却成立となり。債務が多く残ってしまうケースが考えられます。残債−売却価格=残債務です
物件の明け渡しも強制的に明け渡しを要求され当然拒む事は出来ません。移転先の手配は自分で
行う事となり。費用・精神的にも大変厳しい状況に追い込まれてしまいます。

それを回避するのが「任意売却」です
任意売却とは住宅ローンの返済が滞る又は滞る懸念がある段階にてお客様の意思にて自宅を売却する事です
通常の売却と変わりはありませんのでご近所等にも普通に売却している事と説明出来ます。お客様のご希望に
よっては内密に売却を進めることも可能です移転先・時期についても柔軟に対応・準備可能です。
新生活・その他の費用についても話し合いによりご準備する事も可能です。
又各債権者(借入先)については当社にて任意売却・抵当権抹消の手続き交渉をいたし
ますのでお客様に煩わしさや面倒な手続きは一切ご負担をかけません。
売却中には督促が来る事もありません。
売却価格についても市場相場より算定しますので可能な限り高値にて売却をいたしますので少しでも残債務の負担
を減らします。

一例として
任意売却前 ローン支払い月々ローン130000円管理費23000円ボーナス320000円
↓これが
新居(3LDK)の家賃+残債務=月々60000円

というケースなど大幅に月々の負担を軽く出来ます
自己破産して免責を受け債務を完全にゼロにするケースも可能です。

様々なケースに当社関連スタッフが対応可能です。

担保割れ(残債金額が市場相場より高い)の物件でも当社であれば迅速に売却手続きを可能にします。
既に競売開始している・差押がついている・仮登記がついている等等のケースでも売却可能です。
まずは専門スタッフご相談下さい。様々なケースがありますのでまずはご一報下さい。ケースによっては
売却不可能な場合もございますのでご了承下さい。

お問い合わせ
0297−70−6177
メールでのお問い合わせは



取手不動産のトップへ